October 25, 2019

ジスリン

ジスリンは有効成分アジスロマイシンを配合したクラミジアに効果のあるSTD治療薬になります。

日本では処方されませんが、海外の医療機関ではジェネリックを希望する場合、ジスリンが処方されるなど最前線で活躍する医薬品です。

私たち日本人がクラミジアに感染して医療機関を受診すれば先発薬であるジスロマックが処方されますが、ジスリンはジスロマックと同じ有効成分を持つジェネリック医薬品なので、価格を半額以下で購入しながら同じ効果を得ることができます。

通販サイトを使って注文することで、ジスリンを購入することが可能です。

ジスリン

ジスリンの特徴

ジスリンはジスロマックと同じ成分であるアジスロマイシンを配合しています。
つまりクラミジアに強い効果を発揮するので、現在日本国内でもクラミジア=アジスロマイシンが主流となっており、そのジェネリック医薬品にあたります。

錠剤は白く、丸長形状となっており先発薬であるジスロマックと似たような形状であることから、抵抗が少ないのではないでしょうか。

用量も250mg、500mg、1000mgに分けられているので、自分の症状に合わせて服用しやすい配慮がされています。

ジスリンを取り扱う製薬メーカーはインドのレクメズ社です。
レクメズ社はジェネリック大国であるインドに本社を構える医薬品製造会社となっており、製造の工程から日本人が全面監修していることで、海外で不安となる衛生面や服用のしやすさなどが考慮されている医薬品になります。

製品は日本人監修だからこそ、製品のみならずパッケージなども丁寧に作られています。
日本語表記となっており馴染みやすく、錠剤を包むシートに折り目が付けられているので服用前段階でも使い勝手が良い商品です。

日本人監修者がいるかいないかで、安心度も変わってくるので、アジスロマイシン配合のジェネリックを選ぶ際の基準として大きなポイントです。

ジスリンの効果・効能

ジスリンの有効成分はアジスロマイシンとなっています。
アジスロマイシンは、抗生物質の仲間となっていますが、その中でもマクロライド系に分けられます。

細菌は分裂してどんどん増殖することで菌が繁殖するメカニズムです。
アジスロマイシンを服用することによって、この細菌の分裂をさせることなく増殖を防ぐことができ、症状を悪化させずに菌を死滅させたり抗菌効果が働く仕組みになっています。
日本でも処方されている安心できる成分ですが、クラミジアなどの性感染症だけでなく細菌による感染症全般に使われる医薬品です。

ジスリンは主に以下のような疾患に使われる場合が多いです。

  • 性感染症
  • 皮膚感染症
  • 呼吸器感染症
  • 尿道炎
  • 子宮頚管炎
  • 骨盤内炎症

ジスリンの副作用

ジスリンを服用する上で、体質や服用状態により副作用を引き起こす可能性があります。
副作用とは、薬に含まれる成分が別の形として出てしまう症状のことで、これはジスリンだけでなく、全ての医薬品にあるものです。

基本的には軽度なものほど発生率が高いですが、深刻に捉える必要はありません。
反対にしっかり成分が身体に効いている意味として捉えることもできるので、症状が長引いていたり、生活する上で副作用が辛くどうしようもない、そんな時は1度医療機関で相談してみましょう。

ジスリンの副作用は以下のようなものが挙げられます。

  • 下痢
  • 腹痛
  • 吐き気や嘔吐
  • 血栓性静脈炎
  • カンジダ症
  • 発疹やじんましん
  • かゆみ
  • アトピー性皮膚炎の症状悪化
  • 紅斑
  • 水疱
  • 皮膚剥離
  • 多形紅斑
  • 多汗症、また多汗症による寝汗
  • 皮膚乾燥
  • 脱毛

また、ジスリンを服用する上で、本当にまれではありますが、重大な副作用も臨床試験で発見されています。
ジスリンを服用期間中にこれらの症状が出た場合には、服用はすぐにやめて医療機関にすぐ行くようにしましょう。

  • 呼吸困難や顔、くちびるなどの異常なむくみ(アナフィラキシーショックが疑われます)
  • 体の皮膚全般的に大きい範囲で赤くなる(薬剤性過敏症が疑われます)
  • 全身の倦怠感、皮膚や目が黄色くなる(黄疸症状)
  • 尿の回数減少やむくみ(急性腎不全が疑われます)
  • 血便(出血性大腸炎が疑われます)

これらの副作用以外でも、なにかおかしいと感じたら服用は止めて、一旦医師に診察してもらいましょう。

ジスリンの注意点

ジスリンを服用する上で、気を付けたい事があります。
それが薬などの飲み合わせによる問題です。

ジスリンは菌を死滅させる効果を持つ医薬品なので、一緒に服用することで持病や治療中の病気がある場合、影響が出てしまう可能性があります。
薬剤師などに「今何か服用中の薬はありますか?」と聞かれるのは、この飲み合わせの関係があるからです。

ここではジスリンと一緒に服用してはいけない薬、そもそも服用してはいけない人を紹介します。

ジスリンを服用してはいけない人

  • 妊娠中、または妊娠している可能性のある女性
  • 肝臓、心臓に重度の疾患がある
  • アジスロマイシンでアレルギー症状を引き起こしたことのある方

ジスリンと一緒に服用してはいけない薬

絶対に禁止されている同時服用薬の指定はありませんが、注意すべき薬があります。
これらを現在服用しているのであれば、服用前に1度医師に相談してからにしましょう。

  • 制酸剤
  • ワルファリン
  • シクロスポリン
  • ネルフィナビルメシル酸塩
  • ジゴキシン

またジスリンは場合によって、意識障害(もうろうとしたり)を引き起こすことも報告されているので、服用後は車などの運転は避けるようにしましょう。

ジスリンの値段・錠数

ジスリンは容量が3種類あります。 250mg、500mg、1000mgとあり、症状や疾患によって服用する用量が異なりますが、用量によって錠剤の数も違います。

250mgであれば、5錠1箱入り、1錠あたり253円から購入することができます。
500mgであれば、7錠1箱入り、1錠あたり560円から購入することができます。
1000mgであれば、10錠1箱入り、1錠あたり580円から購入することができます。

疾患別によって複数回飲まなければいけない場合や、1度限りの服用で経過観察するものなど色々あります。
あえて用量の多い物を購入し、錠剤を半分にカットすることで金額を抑えることもできる裏技があるので、継続服用する場合は視野に入れてみると良いですよ。

ジスリンまとめ

日本でもクラミジアになった場合に多くの医者が処方するジスロマック、そのジェネリックがジスリンです。

ジスロマックよりも低価格での販売を実現させたのがレクメズ社であり、やはり日本人が製造に携わっていることは大きな安心材料と言って良いでしょう。
クラミジアになった場合、医師から性に関しての質問や実際の触診などいくら病気が疑われる場合でも、恥ずかしくない人は少ないはずです。

通販サイトを使うことで、これらの問題を一切気にすることなく、自宅でクラミジアを治療することができます。
クラミジアは結果的に抗生物質を使って治療するほかないので、病院に出向くよりも通販でジスリンを購入して誰にもバレずに治すのがおススメです。

ジスリン

クラビリン

ゾクラー

アジードライシロップ

レボフロックス

レボクイン

TOP